冬の準備は今のうちに…グッドイヤーのスタッドレスタイヤで進化を実感 オールシーズンとの使い分けは? (2/3ページ)

 複数性能をバランスさせる難しさ

 その成果はしっかりと数字にも表れている。「アイスナビ7」は従来品と比較して氷上ブレーキング性能が7%向上したという。旋回時のタイヤと路面の接地面積や雪柱せん断力(雪をつかむ力=グリップ力)も改善し、氷上や雪上のコーナリング性能を高めている。また、ドライ性能と耐摩耗性能を維持しつつ、ウエット時のブレーキング性能も2%向上させた。タイヤ性能の全体的なバランス取りは、スタッドレスタイヤの開発で一番頭を悩ませる部分だという。松崎氏は「ウエットやドライ、摩耗といった一般的にタイヤに求められる性能の基本レベルを維持しながら、氷上や雪上性能を向上させることが非常に難しかった」と開発時の苦労を語る。

アイスナビ7を装着したトヨタのC-HR

アイスナビ7を装着したトヨタのC-HR

 スケートリンクの上でいざ試乗!

 この日は実際に氷上試乗会で「アイスナビ7」と先代の「アイスナビ6」を比較するチャンスがあった。試乗車のトヨタ・プリウスとC-HRに乗ってスケートリンクを時速10キロ以下で2周するという簡単なコースだが、その途中にはS字カーブやリンク四隅の左カーブが待ち構えており、直線では時速15キロまで加速してから所定のラインで急ブレーキをかけて何メートルで停止できるのか試すことができる。

 「アイスナビ6」を履いたプリウスでもそれなりに安心して走ることができるのだが、「アイスナビ7」を装着して同じコースを走ると、想像以上に性能の違いを感じ取ることができる。S字では外側に膨らむことなく理想のラインをしっかりとキープ。緩やかな左カーブでも修正舵を加えることなく素直に曲がる。こういった悪条件下での運転は、タイヤの接地感とグリップ感がドライバーに大きな安心をもたらす。ちなみにリンクの上を歩いてみたが、ツルツルと滑ってまともに進むことすらできない。1トン以上もある物体をよくもここまでコントロールできるものだと、改めてスタッドレスタイヤの性能の高さに驚く。

黄色いコーンがブレーキングポイント。時速15キロで進入すれば5メートル以内で余裕で止まる

黄色いコーンがブレーキングポイント。時速15キロで進入すれば5メートル以内で余裕で止まる

 直線で速度を上げてから黄色いコーンを目印に一気にブレーキを踏み込む。プリウスとC-HRで何度か試してみたが、時速15キロを維持しながら所定の場所でピンポイントにブレーキを踏むのはなかなか難しい。結果的にクルマが完全停止するまでに要した距離にはバラつきがあったが、5メートルをオーバーすることは一度もなかった。そして、肌感覚として「アイスナビ7」の方が1メートルほど手前でストップするという手応えはあった。「アイスナビ7」の安定した走りに「4年も経つとタイヤも結構進化するもんだなあ」と思わず感心してしまった。

グレーの車両がアイスナビ7装着車。ホワイトの車両は同6を装着

グレーの車両がアイスナビ7装着車。ホワイトの車両は同6を装着

スタッドレスとオールシーズンの棲み分けは?

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。