ブリヂストンの新スタッドレスは何が進化したのか ニーズに耳を傾け3つの性能を向上 (1/3ページ)

 世界最大手のタイヤメーカー、ブリヂストンが9月1日よりスタッドレスタイヤ「ブリザック VRX2」を発売する。北日本において16年連続で装着率1位を誇る「ブリザック」ブランドから4年ぶりに投入される新製品は、独自技術「発泡ゴム」をさらに進化。消費者が冬用タイヤに求める3つの性能を大幅に向上させているという。横浜市内で一般ドライバーを招いて行われた氷上試乗会では「地面とのつながりを感じた」といった声が聞かれるなど、評価は上々だ。(文・写真 大竹信生/SankeiBiz)

スケートリンクで「ブリザック VRX2」を試す参加者

スケートリンクで「ブリザック VRX2」を試す参加者

 高い総合性能を追求

 「新しいブリザックは、氷雪上性能と一般路性能を高い次元で両立させることを目指してきた」

 ブリヂストン執行役員で消費財タイヤ開発担当の井出慶太氏は新商品発表会で、高い総合性能を実現した「ブリザック VRX2」を高揚した口調で自信たっぷりにアピールした。

「ブリザック VRX2」を披露する(右から)ブリヂストンの井出慶太氏、女優の綾瀬はるかさん、ブリヂストンの上田達也氏

「ブリザック VRX2」を披露する(右から)ブリヂストンの井出慶太氏、女優の綾瀬はるかさん、ブリヂストンの上田達也氏

 日本の冬道は海外と比較して気温の高低差があり、ツルツルの凍結路面になりやすいのが特徴だという。だが、ひと言で冬道といっても凍結路、積雪路のほかにシャーベット状、ウエット、ドライなど降雪エリア・非降雪エリアにおいて様々な路面コンディションが存在する。こうした条件下に対応するためには「総合性能」の追求と実現が鍵を握る。ブリヂストンでは「断トツの氷上性能」を最優先で追求しつつ、相反するウエットやドライといった一般路性能などすべての要素を高いレベルでバランスさせることに重点を置いてきた。

消費者がスタッドレスに求める3つの性能

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。