ブリヂストン中期計画、ROE目標12%を継続 ブランド強化、多角化推進

記者会見で中期経営計画を説明するブリヂストンの津谷正明最高経営責任者(CEO)=17日、東京都港区
記者会見で中期経営計画を説明するブリヂストンの津谷正明最高経営責任者(CEO)=17日、東京都港区【拡大】

 ブリヂストンは17日、平成30~34年度の中期経営計画を発表した。ROE(株主資本利益率)12%といった数値目標は据え置き、ブランド力の強化や多角化の推進などで経営改善を進める。

 ブランド力については、オリンピック・パラリンピックやインディ500などモータースポーツへの協賛活動を通して強化。多角化では電動アシスト自転車、水泳やゴルフなどのスクール事業などを拡大する。