iPhoneにアプリ利用制限機能 auが業界で初導入 

 KDDI(au)は9日、保護者が子供の持つ米アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」のアプリの利用時間を制限できるようにすると発表した。グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイド搭載のスマホはこれまでも利用制限が可能だったが、iPhoneでは他社も含めて初めてという。

 子供向け利用制限サービス「あんしんフィルター」の機能を強化することで、ゲームや無料通信アプリ「LINE(ライン)」などの利用時間を制限する。保護者は管理サイトを通じて、子供にスマホを使わせたくない時間を1時間単位で設定できる。サービス開始は25日で利用料は無料。

 auの契約者のうち、中学生のスマホ所有率は7割超、高校生は9割超。高校生のiPhone所有率は約7割といい、子供や若者に人気のスマホまで制限を拡大し安全策を強化する。