EV向け次世代パワー半導体共同開発

 デンソーと京大発ベンチャーのFLOSFIA(フロスフィア、京都市西京区)は、従来のシリコンやシリコンカーバイドに代わる次世代のパワー半導体材料として期待されている、コランダム構造の酸化ガリウムを自動車向けに応用する共同開発に乗り出す。

 同構造の酸化ガリウムは、京大の藤田静雄教授が世界で初めて単結晶合成に成功し、高電圧に対して耐圧性に優れ、損失が少ないことなどが特徴。電動化車両に搭載されるインバーターの低損失化や低コスト化、小型軽量化が期待でき、電気自動車(EV)などの普及に貢献することが見込まれている。両社は、共同開発を通じて、電動化のキーユニットである「PCU(パワーコントロールユニット)」の技術革新を目指す。