人件費増で10% 法人運賃値上げ 西濃運輸

 セイノーホールディングス傘下の西濃運輸(岐阜県大垣市)が、法人向け基本運賃を2018年度中に引き上げることが9日、分かった。企業が利用する東京-大阪間のトラック定期便で約10%の値上げになる見通し。ドライバー不足を背景にした人件費の増加に対応する。

 西濃運輸は宅配便の個人向け基本運賃も同時に関東-関西で約5%、さらに長距離だと最大で約20%値上げする方向だ。外部委託費がかさんでいるため。ただ近距離は値上げしない方針。

 西濃運輸の基本運賃の値上げはトラック定期便、宅配便とも15年以来となる。今月中にも国土交通省に届け出る。トラック定期便の値上げ幅は重さ500キロまでで距離が600キロまでなら約10%となる。値上げ分は人手を確保するための待遇改善などに充てる。運輸業界では、ヤマト運輸や佐川急便が宅配便の個人向け基本運賃を17年に値上げしている。