メルセデス・ベンツ日本、新型SUV追加 好調のブランド「AMG」を拡充

「GLC63S4MATIC+」を紹介するメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(左)=10日、東京都世田谷区
「GLC63S4MATIC+」を紹介するメルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長(左)=10日、東京都世田谷区【拡大】

 メルセデス・ベンツ日本は10日、高級スポーツブランド「メルセデスAMG」に走行性能を高めたスポーツ用多目的車(SUV)の4モデルを追加したと発表した。商品ラインアップの強化で、活況なSUV市場の深耕に弾みをつける。

 AMGに属するSUV「GLC」「GLCクーペ」に「GLC 63 4MATIC+」をはじめ4モデルを追加した。注文は同日から受け付け、価格が1247万~1485万円。

 特徴は、最大510馬力を生み出す排気量4000ccの高出力エンジンのほか、車のパワーを路面に余すことなく伝える先進の四輪駆動システムを搭載した。

 2017年のAMGモデル販売台数は前年比21%増の約6800台と過去最高を記録。都内で開いた発表会で同社の上野金太郎社長は「好調の一因はSUVの躍進」と説明、一段の販売の上積みに期待感を示した。