スマホアプリで食事の注文・支払い イオンがフードコートに導入検討

 イオンがフードコートで、食事の注文から支払いまでスマートフォンのアプリで完結できるサービスの導入を検討していることが10日、分かった。客側は待ち時間を減らせ、店側は接客に充てる時間を減らすことができる。レジいらずの仕組みは欧米で広がるが、国内のフードコートでの導入は初めてという。

 深刻な人手不足に直面する外食業界では「ロイヤルホスト」などを展開するロイヤルホールディングスが電子マネーやクレジットカードの支払いに限った試験店舗を運営するなど、業務効率化に向けた取り組みが広がっている。

 イオンのレストラン運営子会社イオンイーハートが千葉市の「イオンモール幕張新都心」のフードコート内で試験運用を始め、大阪や香川のモールでも取り組む予定。効果が確認できれば、全国に広げる。

 アプリは、ベンチャー企業ボクシーズ(東京都千代田区)が開発した「プットメニュー」を利用。フードコート内で顧客がアプリでメニューを選び、注文と決済をすれば、調理後にスマホに呼び出しがある。英語や中国語など12言語に対応し、訪日客の利便性も高められる。

 混雑時のフードコートでは席確保や行列の待ち時間に30分かかることもあるといい、客側のストレスを軽減できる。店側は注文や会計の人員を減らせ、1時間に平均60人とされる注文数を大幅に伸ばせるという。