JR東海社長に金子副社長が昇格、柘植氏は会長 リニア談合と関係否定

記者会見を終え、握手を交わすJR東海の柘植康英社長(左)と次期社長に昇格する金子慎副社長=11日午後、名古屋市
記者会見を終え、握手を交わすJR東海の柘植康英社長(左)と次期社長に昇格する金子慎副社長=11日午後、名古屋市【拡大】

 JR東海は11日、柘植康英社長(64)の後任に金子慎副社長(62)が昇格する人事を発表した。柘植氏は代表権のある会長に就く。葛西敬之氏(77)は取締役名誉会長として留任するが、代表権はなくなる。山田佳臣会長(69)は代表権のない取締役相談役となる。いずれも4月1日付。

 柘植氏は名古屋市で開いた記者会見で、リニア中央新幹線の工事をめぐる談合事件と社長交代は「関係ない」と述べた。

 柘植氏は4月で就任から4年を迎えるため、人心一新を図る。金子氏は人事や総務の経験が長く、リニア事業を担当。早くから有力な社長候補と目されてきた。

                  ◇

【プロフィル】金子慎氏

 かねこ・しん 東大卒。1978年旧国鉄。JR東海常務などを経て2012年6月から副社長。富山市出身。