ゴッホの絵画に「舌鼓」 名作にちなんだ料理がそろう 京都ホテルオークラ

「特別ランチMenu“leMus●e”」に含まれる「鰤のマリネ温かいエスカベッシュ仕立て~アイリスの咲くアルル風景~からのインスピレーションで」(イメージ)●=アキュートアクセント付きe
「特別ランチMenu“leMus●e”」に含まれる「鰤のマリネ温かいエスカベッシュ仕立て~アイリスの咲くアルル風景~からのインスピレーションで」(イメージ)●=アキュートアクセント付きe【拡大】

 京都ホテルオークラ(京都市中京区)は20日~3月4日、京都国立近代美術館で開催される展覧会「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」に合わせ、ファン・ゴッホの名作から着想を得たメニューを2店舗で提供する。

 17階のスカイレストラン「ピトレスク」はコースメニューを用意。「特別ランチ Menu “le Mus●e”」は、「鰤のマリネ 温かいエスカベッシュ仕立て~アイリスの咲くアルル風景~からのインスピレーションで」を含む全6品で構成。「特別ディナー Menu “Artistique”」では、ウニを使ったソースで陽光に照らされた小麦畑を表現した一皿などが登場する。

 料金はランチ5940円、ディナー1万1800円。税・サービス料込み。2階のテラスレストラン「ベルカント」では、アラカルトメニューが楽しめる。いずれも「ゴッホ展」のチケットを提示すれば、割引が適用される。予約・問い合わせは(電)075・211・5111。

 okura.kyotohotel.co.jp

●=アキュートアクセント付きe