三菱マテ子会社、新たな不正 3社でデータ改竄や不適切検査

子会社の新たな品質不正が発覚し、記者会見する三菱マテリアルの竹内章社長(右)ら=8日午後、東京都文京区
子会社の新たな品質不正が発覚し、記者会見する三菱マテリアルの竹内章社長(右)ら=8日午後、東京都文京区【拡大】

 三菱マテリアルは8日、グループ会社の三菱アルミニウムと立花金属工業、ダイヤメットで新たに品質不正が見つかった、と発表した。昨年11月に公表した三菱アルミを含むグループ会社3社の不正と同様、顧客と決めた規格を逸脱した製品のデータを改竄(かいざん)していた。不正の範囲が5社に広がり、一層の信用低下は避けられない見通しだ。

 今回判明した不正では、三菱アルミの富士製作所(静岡県裾野市)で製造したアルミ部材で約3年にわたって製品データを改竄。日本工業規格(JIS)と合致しない方法で測定したり、必要な検査の一部を実施しなかったりした例もあった。

 同様の不正は三菱アルミ系列でアルミ製品を生産する立花金属の養老工場(岐阜県養老町)と、自動車関連部品を製造するダイヤメットの本社工場(新潟市)でも発覚。問題製品の出荷先は計495社で、既に出荷は停止している。現時点で安全性が懸念される事案は確認されていない。

 三菱マテリアルの竹内章社長は同日、都内で開いた会見で「関係各位に多大なご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げる」と謝罪。「(早期解決に向け)グループの総力を挙げることが私の使命」と語り、引責辞任は改めて否定した。