資生堂「しわ改善」クリーム 幅広い年代の女性に好評

「当初は想定していなかった20代の若い女性にも好評です」と話す資生堂の北原規稚子さん
「当初は想定していなかった20代の若い女性にも好評です」と話す資生堂の北原規稚子さん【拡大】

 資生堂が2017年6月に発売した「エリクシール 美容濃密リンクルクリーム」(医薬部外品)は、約30年間研究してきた有効成分を配合、「しわを改善する」との効能を前面に打ち出した。

 40~50代を中心に幅広い年代の女性に人気で、当初計画を大幅に上回る売れ行きだ。15グラム入りで店頭想定価格6300円前後。朝晩に洗顔などの手入れをした後、しわが気になるところに塗る。

 年齢を重ねると避けられない顔のしわは、女性の悩みの種だ。このクリームに使った成分は、「ヒアルロン酸」と呼ばれる物質を肌が生み出す作用を促進。肌に含まれる水分量を増やし、「目元や口元のしわや顔全体の小じわを改善する」のが特徴だ。「笑いじわ」という言葉があるように、笑顔になるとしわが目立ちがちだ。しわが見えるのを避けるために、写真に写るときなどに思い切り笑わないようにしている女性も多いとされる。開発を担当した北原規稚子さんは「楽しさやうれしさをはっきりと表してほしいと考えた」と話す。

 ホームページに「表情プロジェクト」と銘打ったサイトを開き、店頭などでイベントを開催。北原さんは「豊かな表情が本当の女性の美しさ」と訴えた。

 有効成分が酸素に触れて変質するのを防ぐため、チューブの先端の出口から空気が入らない容器を開発するなど気を配った。北原さんは「女性がしわを気にせず、生き生きと暮らすことを応援したい」と強調している。