メルカリ、自転車シェアを27日開始 駐輪場に戻すとマイル付与

「メルチャリ」について説明する、ソウゾウの松本龍祐代表取締役(左)とメルチャリプロダクト責任者の井上雅意氏=13日、東京都港区
「メルチャリ」について説明する、ソウゾウの松本龍祐代表取締役(左)とメルチャリプロダクト責任者の井上雅意氏=13日、東京都港区【拡大】

 フリマアプリ運営最大手のメルカリは13日、自転車シェアサービス「メルチャリ」を27日から福岡市内で開始すると発表した。専用駐輪場(ポート)以外に放置された自転車を駐輪場に戻すことでサービスが優遇されるマイルがもらえるなど利用者同士の「共同運用」型サービスを目指す。情報通信やインターネット企業各社は相次いで自転車シェア事業に参入しており、メルカリはフリマアプリで培った個人間運用で他社との差別化を図る。

 メルカリによると、27日時点では、福岡市内でポート50カ所、自転車400台でサービスを開始し、今年夏ごろには200カ所2000台まで増やすとしている。首都圏など他都市への拡大も目指す。利用料金は1分当たり4円。

 利用者が放置自転車を元に戻したり、自転車の故障を運営側に報告したりすれば、マイルを付与する。たまったメルチャリのマイルはオリジナルグッズと交換できるほか、将来的にはフリマアプリのメルカリなどで利用できるポイントとの互換性も持たせる。

 また、民家や個人商店へのポート設置も13日から募集。運営側が手軽にポートを増やせたり、運用の一部を利用者に担わせたりすることでコスト削減につなげる。

 13日に東京都内で会見したメルチャリを運営するメルカリ子会社、ソウゾウの松本龍祐代表取締役は「所有から共有へ、移動がより自由になる世界を目指す。メルカリの目指す世界観に合致したサービスだ」と話した。

 中国で発展した自転車シェアサービスは、国内でも参入が相次ぐ。2011年にはNTTドコモが地方自治体と協定を結んで事業を始めたほか、昨年11月にはセブン-イレブン・ジャパンがソフトバンクのグループ企業と連携し、セブン-イレブン店舗を拠点にしたサービス拡大を発表。LINE(ライン)も昨年12月、中国の自転車シェアリングサービス大手の「Mobike(モバイク)」と組んで、今年からサービスを開始すると発表している。