三菱電機 AI活用の技術、研究成果を披露

視覚障害者と共同で制作したリモコンの試作機
視覚障害者と共同で制作したリモコンの試作機【拡大】

 三菱電機は14日、人工知能(AI)を活用して生産性を向上させる技術や快適空間の実現、インフラ維持に貢献する技術など計20件の研究開発の成果を都内で披露した。

 快適空間の実現に関連した技術では「触りたくなるインターフェース」として、視覚障害者が直感的に操作できるエアコンのリモコンを盲学校と協力して開発した試作品を披露した。視覚障害者が盲学校で「形状」「一致」「高さ」の概念を学ぶことに着目して、その概念をリモコンに取り入れた。音声案内で操作を補助し、手で触ってスイッチをずらすことによって、電源を入れたり切ったりすることなどが可能となる。

 このほか、「AIを用いたインテリジェント無線通信技術」「物体の質感をリアルに表現する技術」などを新たに発表した。

 同社の柵山正樹・執行役社長は「資源エネルギー問題など、現在の社会が抱えている課題の解決に貢献したい」と述べた。