【新トップ】三菱電機社長に杉山氏 「組織強化し成長事業創出」

三菱電機の社長に昇格する杉山武史副社長(右)と柵山正樹社長=21日、東京都千代田区
三菱電機の社長に昇格する杉山武史副社長(右)と柵山正樹社長=21日、東京都千代田区【拡大】

 柵山正樹社長から「次の社長を頼む」と打診を受けたのは昨年末。正直うれしくなくて、のどが詰まる感じがしたが、続けざまに言われた「拒否権はないよ」との言葉を、「悩む必要はない」との後押しと受け止め、その場で引き受けた。

 2015年に伊空調メーカーのデルクリマの買収を手がけた。オーナーはコーヒーメーカーで有名な伊デロンギの創業者で、ものづくりに思い入れの深い人物。買収前に三菱電機の国内工場に招いて理解を深めるなど「同じくものづくりにこだわりを持ち、売り先にふさわしい会社」と認めてもらう綿密な根回しで買収交渉を成功に導いた。

 社内評は「フランクで親しみやすい人」。部下の信頼も厚い。柵山社長も「現場に近い視点と、迅速な決断力や行動力」を評価する。

 三菱電機は自動車機器や人工衛星など各事業は強いが、事業間の連携が弱点。これから成長が見込める自動運転やスマート工場などはまさに連携が不可欠な分野だ。「横串をさすように組織を強化しながら、新たな成長ドライバーの創出を目指したい」と意気込む。

 家族は妻と息子3人。趣味はスポーツで、週1回は必ずジムに通い、トレーニングに励む。