三菱電機社長に杉山氏昇格発表 伊空調メーカー買収で手腕

 三菱電機は21日、杉山武史副社長(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。柵山正樹社長(65)は会長に就き、山西健一郎会長(66)は相談役に退く。

 杉山氏は自動車機器部門の経験が長く、現在は家電機器部門を統括。同社で過去最大規模となる伊空調メーカーの買収などで手腕を発揮した。柵山社長が就任から4年を迎えるのを機にトップの若返りを図る。

【プロフィル】杉山武史氏

 すぎやま・たけし 名大卒。1979年三菱電機。専務執行役などを経て2017年4月から執行役副社長。岐阜県出身。