カメラの祭典「CP+」開幕 ミラーレス人気で反転攻勢 (1/2ページ)

1日、開幕したカメラの祭典「CP+」。ミラーレスカメラをめぐる競争が熱を帯びてきた=横浜市のパシフィコ横浜
1日、開幕したカメラの祭典「CP+」。ミラーレスカメラをめぐる競争が熱を帯びてきた=横浜市のパシフィコ横浜【拡大】

  • キヤノンが3月下旬に発売する新型ミラーレス一眼カメラ「EOSKissM」
  • カメラを手にアピールするオリンパスのスタッフ=1日午前、横浜・西区のパシフィコ横浜

 業界団体のカメラ映像機器工業会(CIPA)主催のカメラ展示会「CP+(シーピープラス)2018」が1日、横浜市のパシフィコ横浜で開幕した。スマートフォンに押され苦境に立たされてきた業界だが、ミラーレスカメラ人気で年間出荷額も5年ぶりに増加。反転攻勢の糸口として注目される。

 CIPAのまとめでは、2017年のデジタルカメラの総出荷額は前年の7102億円を超える約7928億円を記録。前年実績を上回るのは5年ぶりだ。カメラ搭載のスマートフォン人気に押され出荷額は年々減少していたが、ここにきて歯止めがかかった形だ。

 理由はミラーレスカメラ人気だ。通常の一眼レフカメラにある反射ミラーなどを省いて小型軽量を実現しながらも高画質の写真撮影ができる。最近は若年層を中心にインスタグラムなどSNSでよりきれいな写真を投稿したいとのニーズが増えており、「スマホに飽き足らない人たちがミラーレスを手に取り始めたようだ」(業界関係者)。

 CIPAによると、17年のレンズ交換式カメラの出荷額は、一眼レフが前年比96.4%にとどまったのに対しミラーレスは同148.2%と大きく伸び、年間出荷額を押し上げる要因になった。

 ミラーレスに注力する富士フイルムはカメラ事業の17年4月~11月の売上高が前年比4割増と好調だ。会場にもミラーレスの最新上位機種「X-H1」を並べ、アピールに余念がなかった。

オリンパスは「大きな追い風」