ロータリー生みの親しのぶ 山本健一元マツダ社長 お別れの会に1000人

広島市のホテルで開かれた、マツダの社長や会長を務めた山本健一氏のお別れの会=5日
広島市のホテルで開かれた、マツダの社長や会長を務めた山本健一氏のお別れの会=5日【拡大】

 マツダの社長や会長を務め、昨年12月に95歳で死去した山本健一氏のお別れの会が5日、広島市のホテルで開かれた。マツダが世界で初めて本格的に量産したロータリーエンジンの生みの親として知られた故人をしのんだ。

 親交のあったスズキの鈴木修会長ら自動車メーカーの幹部や、マツダOBなど約1000人が参列。遺影の横には、1967年に発売されたロータリーエンジン搭載の量産車「コスモスポーツ」も置かれた。

 63年の入社で山本氏とともに初期のロータリーエンジン開発に携わった小早川隆治さん(76)は「山本さんの熱意が社内に広がり、開発の成功につながった。強いリーダーシップを持っていた」と強調。「山本さんの挑戦心は現在に脈々と受け継がれている」と功績をたたえた。

 山本氏は東京帝国大(現東大)卒業後、1946年に東洋工業(現マツダ)に入社。小型で高出力のロータリーエンジンの開発を主導した。84年から87年までマツダ社長を務め、その後は会長や相談役最高顧問を歴任した。