トヨタ、19年1月にIT子会社3社統合

 トヨタ自動車は5日、グループの基幹システム開発などを担うIT関連子会社で、いずれも名古屋市に本社を置くトヨタコミュニケーションシステムとトヨタデジタルクルーズ、トヨタケーラムの3社を2019年1月1日に統合すると発表した。3社のノウハウを持ち寄り、グループ向けITサービスを強化する。

 新会社の社名は「トヨタシステムズ」とする。3社はトヨタとグループ企業に車両開発や生産、経理のシステム開発、IT関連設備の導入などを展開している。3社の社員は計約2250人。新会社は業務拡大を視野に2500人程度に増やし、名古屋市と東京都の2本社制とする。