N-BOX6カ月連続首位 2月の車名別新車販売

ホンダの「N-BOX」
ホンダの「N-BOX」【拡大】

 日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した2月の車名別国内新車販売台数は、ホンダの軽「N-BOX」が6カ月連続で首位を獲得した。上位10車種のうち軽が6車種を占め、燃費性能の高さなどに根強い人気が集まった。

 N-BOXの販売台数は前年同月比13・3%増の2万2007台。自動ブレーキなど安全機能の充実もあって人気を保った。

 日産車は、昨年発覚した新車の無資格検査問題による出荷停止の影響を受けた小型車「ノート」が1月に3位に返り咲いた。2月は7・3%減の1万3769台で、その順位をキープ。軽「デイズ」(2位)とミニバン「セレナ」(10位)を加えると、前月に続き3車種がトップ10入りした。

 トヨタ自動車のハイブリッド車(HV)「プリウス」は前月の8位から順位を上げて7位だった。