トヨタ、「レクサス」ブランドで大型高級ボート市場に本格参入

トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の名を冠した試作ボートを紹介する友山茂樹副社長(左)ら=8日、横浜市西区(臼井慎太郎撮影)
トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の名を冠した試作ボートを紹介する友山茂樹副社長(左)ら=8日、横浜市西区(臼井慎太郎撮影)【拡大】

  • トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の名を冠した試作ボート=8日、横浜市西区(臼井慎太郎撮影)
  • トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」の名を冠した試作ボートを紹介する友山茂樹副社長(左)ら=8日、横浜市西区(臼井慎太郎撮影)

 トヨタ自動車は8日、高級車ブランド「レクサス」を冠した大型ボート事業に本格参入すると発表した。来年後半に米国で生産・販売を始め、平成32年春には日本で輸入販売する。高級車とボートの顧客は重なっており、両方からブランドの魅力を富裕層の訴えて商機拡大につなげる。

 優れたボートの新製品を表彰する「日本ボート・オブ・ザ・イヤー2017」の最終選考発表会が横浜市内で同日開催。この中で特別賞を受賞したトヨタが商品化計画を明らかにした。

 トヨタは昨年、レクサスのデザインやエンジンなどの技術を取り入れて試作した全長12.7メートルの8人乗りボート「レクサス・スポーツヨット・コンセプト」を発表。そこで培った知見を今回の商品化に生かす。

 具体的には、全長を19.8メートルに拡大し居住性を高めるほか、船の状態を遠隔で監視しトラブルを予防するなどサービス面も充実させる。最高出力も2千馬力以上に拡大。生産は、米マーキー・ヨット(ウィスコンシン州)に委託する。

 トヨタの友山茂樹副社長は、記者団に「レクサスの魅力をボート事業に生かし両方のブランド価値を高めたい」と強調した。