革新機構、ルネサス株一部をデンソーに売却

自動車や産業機器向けのマイコンを生産するルネサスの那珂工場=茨城県ひたちなか市(同社提供)
自動車や産業機器向けのマイコンを生産するルネサスの那珂工場=茨城県ひたちなか市(同社提供)【拡大】

 官民ファンドの産業革新機構は9日、保有する半導体大手ルネサスエレクトロニクスの株式約7500万株をデンソーに売却すると発表した。革新機構の保有割合は50.1%から45.6%に下がる。売却額は約810億円。

 ルネサスは東日本大震災で工場が被災するなどして経営が傾き、再建を進めてきた。革新機構はトヨタ自動車やデンソーなどと2012(平成24)年12月に支援を決定。機構は約1383億円を出資した。

 機構はルネサスの業績が回復したことや、2024年度までに保有する全株式を売却する必要があることから、今後も段階的に株式を売却する方針だ。