東北電、東急系電力小売りに出資

 東北電力は8日、首都圏で家庭向け電力を小売りする東急パワーサプライに出資したと発表した。約14万件の顧客を持つ同社との関係を強化し、販売電力量の拡大につなげる。同社の33.3%を取得した。出資額は非公表。東北電は2016年4月に首都圏の家庭向け電力小売りに参入したが、契約は2月時点で約720件にとどまる。従来から電力を卸供給する同社に出資することで、首都圏の需要取り込みを本格化する。

 東北電は20年度まで4年間の中期経営方針で、販売電力量を15年度比で年35億キロワット時増やす目標を掲げていた。