「犬目線カメラ」が外国人に大人気 モフモフで忠実「グーグル秋田犬」の狙い (1/5ページ)

 記念物「秋田犬(あきたいぬ)」が世界中で人気になっています。この人気を受けて、米グーグルは地図検索サービスに「犬目線」の画像を掲載しようと、秋田県大館市で撮影会を実施しました。ただし撮影会当日は荒天で猛吹雪。コラムニストの辛酸なめ子さんによる決死のリポートをお届けします--。

 金メダルのザギトワ選手もグーグルも、秋田犬にぞっこん

 長年続いた猫ブームについに強敵が現れたかもしれません。

 忠実で黒目がちな瞳と、モフモフの毛がかわいい秋田犬(あきたいぬ)。先日の2018年平昌五輪「フィギュアスケート女子」のザギトワ選手も、獲得した金メダルのご褒美に「秋田犬が欲しい」と言っていて、世界的に注目度が高まっています。

 まさかザギトワ選手がそんな発言をすると予見したわけではないでしょうが、先見の明があることで定評のある検索大手のグーグルは、いち早く秋田犬のポテンシャルに目をつけていました。

※秋田犬によるストリートビューはGoogle Street Viewで大館市に行くと閲覧できます。写真は大館駅前での光景

※秋田犬によるストリートビューはGoogle Street Viewで大館市に行くと閲覧できます。写真は大館駅前での光景

 「『忠犬ハチ公』のふるさと」として知られる秋田県大館市と協力し、世界初のプロジェクト「ドッグビュー」を実施したのです。秋田犬の背中に全方位撮影可能な小型カメラを装着し、「犬目線」での写真を撮影。それを地図検索サービス「Googleストリートビュー」で公開するというものです。2月20日、その撮影風景を見学させていただく機会に恵まれました。

犬目線の撮影会に密着