傘マナー販促グッズ『レインPad』4月から販売開始 主婦がグッズ考案、障がい者が製造、エコにもつながるアイデア商品 ~ぬれた傘の水滴を拭き取り、垂れるポタポタも防止!~

傘用ビニール袋の代替品として考案、繰り返し使用できゴミを削減
傘用ビニール袋の代替品として考案、繰り返し使用できゴミを削減【拡大】

  • パッケージ入り
  • 傘下から通して傘の水滴を拭く
  • 傘下に付けた状態で垂れる水滴を防止

 ヒフミヤコーポレーション(所在地:大阪市西区、代表:山田 由嘉子)は、ぬれた傘を拭き取り、垂れるポタポタも防止できる、傘マナー販促グッズ『レインPad』を2018年4月から販売開始いたします。
『レインPad』は主婦が考案し、モニター調査によって改良し生まれました。(※特許出願済)製造元である 障がい者就労支援施設には、工賃の他に企業ロゴの印刷による売上分を還元いたします。企業様の販促に使っていただくことが、障がい者の就労支援につながる商品です。~Made with Handicap~

 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/151570/LL_img_151570_1.jpg
傘用ビニール袋の代替品として考案、繰り返し使用できゴミを削減

 ■今年1月に開催された、大阪府主催「大阪起業家スタートアップ事業・第9回ビジネスプランコンテスト」で優秀賞・特別賞を受賞いたしました。

 ■価格
企業ロゴ 印刷あり 6,000円(税別)※300個入
印刷なし 4,500円(税別)※300個入

 ■販売について
企業様向け販促商品になります。
購入ご希望の方は、ヒフミヤコーポレーションまでお問合せください。
※現在、新発売につき、お試し無料サンプル配布中です。

 ■レインPadの特長
・傘下から通すと、濡れた傘の水滴を拭き取ることができます。
・傘下に付けた状態にすると、垂れるポタポタ水滴を防止します。
・使い捨て(不織布)ですが、何度も使用でき、傘用ビニール袋と比べて、ゴミを削減できます。
・広告用に企業ロゴが印刷できます。
・製造元の障がい者施設には、工賃の他に、企業ロゴ印刷による売上分を還元します。

 ■レインPad開発の背景
「傘用ビニール袋」の大量ゴミ化に疑問を感じ、ゴミを削減できる代替品として考案しました。1年かけて、障がい者が簡単に製作できるように製法を考え、材料の選定をしました。その後、複数回にわたり、モニター調査を経て商品化し、今年4月から販売をスタートします。障がい者の就労支援やエコにつながる「販促グッズ」です。

 ■事業概要
社名 : ヒフミヤコーポレーション
代表社: 山田 由嘉子
所在地: 大阪市西区北堀江1-22-21
創業 : 2014年5月
業種 : レイングッズ・ノベルティの製造卸
URL : http://www.amegoo.net

 ●レイングッズや障がい者就労支援につながる便利グッズの企画製造をしております。