内外の大手ホテルVS地元老舗旅館 別府温泉、熱い訪日客争奪戦 (1/3ページ)

「潮騒の宿晴海」の露天風呂(ブルームバーグ)
「潮騒の宿晴海」の露天風呂(ブルームバーグ)【拡大】

  • 「杉乃井ホテル」の温泉(ブルームバーグ)

 日本を代表する大分県の別府温泉郷に内外の大手ホテルが相次いで進出を決め、地元の老舗ホテルとの間で熱い戦いを繰り広げている。ターゲットは2019年のラグビーワールドカップ(W杯)や20年の東京五輪で増加が見込まれるインバウンド(訪日外国人客)や国内の富裕層。迎え撃つ地元資本は設備投資を急いでいる。

 安売り改め高売り

 おびただしい数の湯煙を見下ろす高台で建設が進んでいるのは「ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ」だ。約8万2000平方メートルの広大な敷地に、89の客室とフィットネスクラブ、プールを備えた施設を19年にオープンする。4階建ての低層にして客室数を抑え、温泉を生かしたぜいたくなつくりが売りだ。

 インターコンチネンタルを運営するIHG・ANA・ホテルズグループジャパンのハンス・ハイリガーズ最高経営責任者(CEO)は「別府は世界有数の温泉地だが、国際的に知名度のある高級ホテルがなかった。日本の富裕層向け市場は非常に魅力的で、インバウンドも急速に拡大している」と進出の理由を語る。

 別府は湧出量・源泉数ともに日本一の規模を誇る。1970年代には新婚や修学旅行客に人気の観光地として宿泊客数は約600万人に達した。だが、平成に入り団体旅行が衰退。2017年の宿泊客数は約254万人と半減した。熊本地震が発生した16年に大幅に落ち込んだものの、5年前に比べてほぼ横ばいで推移している。

続きを読む