脚光浴びる「組織人事コンサルタント」 時流を見極め人を育てるプロフェッショナル (1/4ページ)

 組織人事コンサルタントという職業をご存知だろうか? 企業の組織力を高めるという目的で、研修や講演、ディスカッションなどを通してクライアントである企業の人材育成をする職業だ。

▽「勘と経験」に頼らないコンサルを提供

 人材育成といえば人事部門や総務部門などが行うといったイメージがあるが、組織人事コンサルタントによる人事育成は、対応企業の内部ではなく、あくまでも外部の機関が行う。どうしても企業内部で人材育成をすると、その内容を勘と経験に頼ってしまいがちだからだ。また、その勘と経験が古いものであった場合、今の時代に適用できないものであったりする。

宇田川さん。物事の全体像を見ると同時に効果が出るまでの時間も考慮して仕事を進める

宇田川さん。物事の全体像を見ると同時に効果が出るまでの時間も考慮して仕事を進める

 よって、専門の機関が人材育成に関する情報や方法などを時代にあったものにアップデートをして、企業に提供するのだ。

 コンサルタントはクライアントの事情を細かく調査、ヒアリングをして人材育成のためのコンテンツを作成する。内容は階層別のスキル育成やマーケティング、アカウンティングといった分野にも及ぶこともある。

 株式会社「Keep Thinking」で組織人事コンサルタントの仕事を行う宇田川摂さん(50)に、この仕事の事例を聞いてみた。

業者の営業が生まれ変わった