【スポーツbiz】ラグビーW杯 さらなる広報強化を (1/3ページ)

ラグビーイベントで日野レッドドルフィンズの選手とパスを体験する、東京都の小池百合子知事(左)=23日、東京都中央区
ラグビーイベントで日野レッドドルフィンズの選手とパスを体験する、東京都の小池百合子知事(左)=23日、東京都中央区【拡大】

 来年の今ごろは、ごひいきチームの応援で日本中が盛り上がっていてほしい。ラグビーワールドカップ(RWC)2019開幕まで1年を切った。2年後のオリンピック・パラリンピックと比べて、先に開催されるRWCの印象は薄い。単一競技の大会だから興味の対象が広がらないことはあろう。ただ、オリンピック、サッカーのワールドカップと並ぶ世界3大競技大会である。しかもラグビー先進地域のイギリスやフランス、オーストラリア、ニュージーランド、そして南アフリカ以外では初めて開くワールドカップ。もっと、関心が高くてもいいはずだ。

 成否の鍵、入場料収入

 それでも、大会組織委員会は強気の姿勢を崩していない。先行抽選販売した観戦チケットの売り上げが好調なのである。

 「過去の大会と比べてはるかにいいと、WR(国際統括団体のワールド・ラグビー)からも評価されている」。嶋津昭事務総長が強調する。

 観戦チケットの総数は約180万枚。今年1月から6月まで半年間の申込期間に250万枚を超える応募があり、既に60万枚以上が売れた。割り当てはWRが90万枚、組織委員会が90万枚だから組織委員会分の約7割が売れたわけだ。

 ただ、先行抽選販売は日本ラグビー協会傘下の団体や開催12都市の自治体、スポンサーなどコアな関係者が対象だった。ある意味、計算された売れ行きにほかならない。

続きを読む