東邦ガスと名古屋市消防局が協定 家庭内事故予防

 東邦ガスと名古屋市消防局は18日、高齢者の転倒など家庭内の事故を防ぐため、予防策の普及啓発に取り組む協定を結んだ。ポスターを共同で制作して市役所や商業施設に掲示し、チラシ10万部も配布する。市消防局によると、消防機関と民間企業がこうした協定を結ぶのは全国初という。東邦ガスは市消防局から救急出動データの提供を受け、発生状況などを分析した。自宅に手すりを設置するなどの対策を紹介する。