三菱UFJFG、三毛氏の社長就任発表 豊富な国際経験にかじ取り託す


【拡大】

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は26日、傘下の三菱UFJ銀行の三毛兼承頭取(62)が社長に就任する人事を発表した。平野信行社長(67)は代表権のない会長に就く。来年4月1日付。持ち株会社の社長と中核銀行の頭取を兼務することで、グループの一体経営を強化する。

 園潔会長(65)は取締役執行役常務となり、三菱UFJ銀行の会長に就任する。平野氏は三菱UFJ銀行の会長職を退き取締役となる。

 MUFGでは、米国や東南アジアといった海外事業の比重が年々高まっており、国際経験の豊富な三毛氏にかじ取りを託し、収益拡大を目指す。

【プロフィル】三毛兼承氏

 みけ・かねつぐ 慶大卒。1979年三菱銀行(現三菱UFJ銀行)。副頭取などを経て2017年6月から頭取。東京都出身。