限度額2600万円を了承 ゆうちょ銀で政府

 政府は18日、郵政民営化推進本部を開き、ゆうちょ銀行の預入限度額を現在の1300万円から2600万円へ引き上げる郵政民営化委員会の報告書を了承した。4月の実現を目指し、総務省と金融庁が政令改正作業を進める。

 安倍晋三首相は会合で「日本郵政グループには企業価値の向上と地域活性化に取り組むことを期待する」と述べた。

 現在のゆうちょ銀の預入限度額は通常貯金と定期性貯金の合計で1300万円。政令の改正により通常貯金と定期性貯金の限度額をそれぞれ1300万円とし、合計で2600万円となるよう変更する。