東京海上HD社長に小宮専務

東京海上ホールディングの社長に就任する小宮暁専務(同社提供)
東京海上ホールディングの社長に就任する小宮暁専務(同社提供)【拡大】

 東京海上ホールディングス(HD)は18日、永野毅社長(66)が6月に代表権を持たない会長となり、後任に小宮暁専務(58)を充てる人事を固めた。中核子会社の東京海上日動火災保険は、北沢利文社長(65)が4月に副会長となり、後任に東京海上HDの広瀬伸一専務執行役員(59)を充てる。近く取締役会を開いて決定する。

 東京海上HDは、M&A(企業の合併・買収)の積極化で海外事業の基盤を固め、一定の成長軌道に乗せることができたと判断。海外事業などを指揮してきた小宮氏の経験を生かし、人工知能(AI)やITといったデジタル化への環境変化に対応できるよう経営体制を一新する。

 小宮暁氏(こみや・さとる)東大卒。昭和58年東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)。東京海上HD経営企画部長などを経て、平成30年6月から現職。神奈川県出身。