【東京商工リサーチ特別レポート】一世風靡したプレッツェル店が大量閉鎖 かつて全国展開もブーム去る (1/2ページ)

アンティ・アンズのホームページ。2月5日時点では「現在準備中」と表示されていた
アンティ・アンズのホームページ。2月5日時点では「現在準備中」と表示されていた【拡大】

 一世を風靡した米国発のプレッツェルチェーン店「アンティ・アンズ」。各地の駅ビルやショッピングモールなどに出店していたが、1月末で富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)内の店舗を除いてすべて閉店した。若者を中心に人気を誇ったアンティ・アンズに何が起きたのか。東京商工リサーチが迫った。(東京商工リサーチ特別レポート)

新会社を設立、別業態に注力

 アンティ・アンズを運営するプレッツェルジャパン(東京都港区、以下プレッツェル社)によると、今後は新規出店の予定はなく、「当面、フランチャイズの富士急(ハイランド)のみ営業」と規模縮小を明らかにした。

 一方、プレッツェル社の経営陣らは2016年に別の飲食チェーン店を運営する会社を設立していた。17年以降、新業態の店舗を展開し、19年2月までに首都圏を中心に9店舗と出店を加速させている。この会社にプレッツェル社の従業員を移し、「順調な新業態の事業に注力する」(プレッツェル社)という。

一時は30店舗を展開

 プレッツェル社の運営するアンティ・アンズは、10年に日本第1号店をオープンした。ショッピングモールやアウトレットモールなどに積極的に出店し、若い世代やファミリー層を中心に人気を広げていた。ピーク時の14年には北海道から九州まで全国約30店舗を展開していた。

 そして、プレッツェルブームが落ち着くと不採算店を見直した。17年末は20店(プレッツェル社ホームページより)で営業を継続していた。

 だが、18年に入り多くの店舗が入居していた各地のショッピングモールとの賃貸借契約が終了した。「売上を確保できていた店舗も他のスイーツ店が優先出店し、契約が更新されないケースが相次いだ」(プレッツェル社)という。

モール出店戦略が裏目に