近ごろ都に流行るもの

河野大臣効果で人気 「ウッドウオッチ」は個性的で人にやさしい (1/3ページ)

 木製の腕時計が売れている。きっかけは8月21日、河野太郎外相(当時)が韓国外相との握手の際に身に着けていた時計だ。「金時計をひけらかすな」とのツイッターの批判投稿を、「竹製ですが、何か。」とリツイートで“瞬殺”した河野氏。腕時計は、フィリピンで行われたASEAN(東南アジア諸国連合)50周年の記念品で、「とても軽いのと(中略)手首のアトピーがひどくならないので、愛用中」とのコメントが共感を集めた。使いやすく、デザインも実にさまざま。時計選びに新たな楽しさが加わった。(重松明子)

 先月7日。旅先の仙台市内の百貨店で偶然、ウッドウオッチの催事を目にした。「わー! 河野大臣の時計ですか?」とたずねると、「違いますが、おかげさまで売れています」と女性スタッフ。

 文字盤を囲むレンガ色と薄茶が寄せ木に見える時計は「インレイドサンダルウッド」という1本の木をくり抜いたもので、着けてみると大ぶりなメンズ用ながら軽くて楽だ。高い物は20万円以上するが全体的に2~3万円が多い。ひとつ購入した。

 カナダ製の「TENSE(テンス)」というブランド。日本総輸入元の専門店が東京都港区高輪にあるという。帰京後に訪ねてみると、井戸が残る昔ながらの路地を抜けた隠れ家のような一室に、別世界が待っていた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus