話題・その他

南ア戦49.1% W杯ラグビー瞬間視聴率

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、20日夜にNHK総合で放送され、日本代表の敗退が決定した南アフリカ戦の瞬間最高視聴率は、関東地区で49.1%、関西地区で47.9%だったことが21日、ビデオリサーチの調査で分かった。

 いずれも試合の後半途中だった。平均視聴率は関東地区が41.6%、関西地区が41.4%で、今大会の中継番組としては一番高く、視聴者の関心の高さをうかがわせた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus