テクノロジー

顧客心理読み取り AIが資産運用助言 ウェルスナビ

 コンピューターによる全自動の資産運用支援「ロボアドバイザー」を手掛けるウェルスナビ(東京)は、人工知能(AI)が顧客の心理を読み取って運用方法を助言する新たなサービスを10月初旬から始めた。老後の資産形成に向け、一人一人に適した運用支援を目指す。

 ウェルスナビは長期の積み立て投資を推奨しているが、株式相場が急変動した際に顧客が出金や解約をするケースが目立つという。新サービスはそれぞれの顧客に適したタイミングで、短期の出金などを踏みとどまってもらうよう自動的にメールで提案する。

 顧客の性別や年齢、運用期間、損益状況などを分析し、心理状態を予測する仕組み。AI研究をリードする東大大学院の松尾豊教授と共同開発した。これまでは相場変動について、顧客に一斉通知していた。

 ウェルスナビの柴山和久最高経営責任者(CEO)は「将来的には介護用ロボットなどと連携した幅広いサービスに進化させたい」と話している。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus