メーカー

トヨタ格安レンタカー好評 24時間2200円「乗り捨て車回収」をサービス化

 レンタカー24時間、2200円。ただし利用日と区間は限定-。条件はあるが、格安で利用できるトヨタレンタカーのサービスが好評だ。従来は乗り捨てられた車は外部業者に回収を発注していたのを、安価な料金で客に運んでもらう逆転の発想。今年1月に試行的に始まったばかりだが、人気を受けて正式な事業化に向けて検討を進めている。

 サービスは「片道GO!」。指定された日程で東京-大阪や札幌-函館などの定められた区間にある店舗に返却するのが条件だ。48時間で4400円のプランもある。

 通常は24時間以内に東京-大阪間で車を乗り捨てた場合、最低でも4万円程度かかるが、在庫があれば高級車アルファードや大型ワゴン車でも2200円で利用できる。

 運営するトヨタ自動車によると、新サービスの料金は貸し出す前の洗車などにかかる実費程度で、「ガソリン代がかかっても公共交通機関と比較してもらえる料金にした」という。

 背景には、海外からの旅行者の増加などに伴う、乗り捨ての増加がある。羽田空港や成田空港から入国し、レンタカーを借りて旅行、大阪や京都で車を乗り捨てる旅行者は多い。乗り捨てられた車は発注を受けた業者がキャリアカーで運搬して回収しているが、同社は「業者の人繰りがつかず2週間貸し出しできない状態のこともある」と明かす。

 サービスは車両を貸し出せない時間と車の回収にかかる手間や費用が省け、一石二鳥。20~30代の若者が友人と誘い合わせてレジャー目的で利用するケースが多いという。

 中部地方や九州地方にもサービスの提供範囲を拡大しており、さらに客の反応や利用状況をみながら、正式な事業化を検討する。通常はインターネット上で利用申し込みをするが、新サービスは電話での申し込みが必要。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus