業界団体だより

パチンコ・パチスロ産業21世紀会、賀詞交歓会を開催

 パチンコ・パチスロ産業の14団体(総称・パチンコ・パチスロ産業21世紀会)は1月28日、東京都港区の新橋第一ホテルで共催による賀詞交歓会を開催。関係者ら約450人が参加した。

 14団体を代表して全日本遊技事業協同組合連合会の阿部恭久理事長、日本遊技機工業組合の筒井公久理事長、日本電動式遊技機工業協同組合の兼次民喜理事長があいさつ。

 阿部理事長は、2019年における依存対策の取り組みとして「ギャンブル等依存症問題啓発週間の対応」「安心パチンコ・パチスロアドバイザーの育成」「パチンコ依存問題対策基本要綱とパチンコ・パチスロ産業依存問題対策要綱の制定」を報告。20年も依存問題対策を最重要課題として取り組むとともに、魅力ある大衆娯楽としての新たなステージ構築を呼び掛けた。

 当日は、警察庁生活安全局保安課の小堀龍一郎保安課長が来賓を代表してあいさつ。「風営適正化法の趣旨に則し、安心して遊技を楽しむことができる環境整備をはじめ、ぱちんこが健全な娯楽足り得るための取り組みを一層推進することに期待している」などと述べた。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus