ピックアップ

名古屋で依存問題セミナー開催

 認定NPO法人ワンデーポート(代表・稲村厚氏)は1月26日、名古屋市中区の名古屋都市センター金山南ビルで「ギャンブル等依存問題の現状~支援の現場の視点で検証する~」と題したセミナーを開催。当日は大勢の一般の人々に加えて、遊技業界関係者も聴講に駆けつけた。

 ワンデーポートは2000年から、ギャンブルなどの依存問題に悩む人々の回復支援施設を横浜市瀬谷区において運営。この活動を通じて同問題に関する知見を重ねており、啓蒙(けいもう)・啓発に積極的に取り組んでいる。

 今回のイベントは全日本社会貢献団体機構(会長・杉浦正健氏)の助成のもと、愛知県、名古屋市、ぱちんこ依存問題相談機関リカバリーサポート・ネットワークなどの後援で実現した。

 セミナーは、「支援の現場」の視点でギャンブル等依存問題について考え、当事者および家族や社会がどのようにこの問題と向き合うべきかを考えることを目的に開催。主催者あいさつで、ワンデーポート施設長の中村努氏は『ギャンブル等依存症』という言葉で法制化されたことに言及し、「国で進めている対策が万人に有効とは思えない。さらに落ちこぼれてしまう人も少なくない」と懸念を表明。「それ故にわれわれは初心に帰り、政策の違和感や個別的な支援の必要性について考えてみたい」とセミナー開催の意義を強調した。

 同施設代表で司法書士の稲村氏は、「ワンデーポートは活動して20年になる。延べで1000人余を支援してきたが、ギャンブル依存の問題対応は容易なことではないと感じている」と振り返り。「(依存問題は)生活や社会で生きていくための適応の問題ではないかと思う。病院で治るものではなく、地域社会の中で支え合い育んでいくことなのだと感じている」と述べた。

 セミナーでは、東海大学健康科学部准教授の宮永耕氏が「『依存症』回復施設の歴史と当事者活動の役割について」をテーマに基調講演。続き、三重ダルクの市川岳仁氏(精神保健福祉士・保護司)が、「アルコール・薬物・ギャンブリング問題を持つ人たちとの日々」と題した講演を行い、両講演者ともに問題を抱えている人に対して問題の種類でしか見ないのか、人として向き合って見るのか、基本的な姿勢が問われていると訴えた。

 その後、「支援の現場の視点で考える」と題したパネルディスカッションに、主催者の2人と講演者、そして浦和まはろ相談室代表で精神保健福祉士の高澤和彦氏が登壇。依存問題との向き合い方について、参加者と意識や考え方を共有した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus