ぐるなびのチョットぐな話

胃も心もホッとする…発酵鍋の頂点に輝いた沖縄の逸品

 みそや甘酒、キムチやチーズといった発酵食品を具材やつけダレに使った“発酵鍋”の日本一を決める「発酵鍋グランプリ」(ぐるなび主催)の結果が発表された。全国の飲食店275店ものエントリーの中から約3200票の一般投票と審査会を経て、「炭火炉端 火鉢屋 新都心店」(沖縄県那覇市)が提供する「ラムとモッツァレラチーズの自家発酵しゃぶしゃぶ鍋~焦がし甘酒とカブのすり流しスープ、いしるポン酢~」がグランプリに選ばれた。

 発酵鍋はぐるなびが昨年9月、食トレンドや世相、ビッグデータの情報や会員へのアンケートなどをもとに2019年冬から流行が見込まれる「トレンド鍋」として選出していた。

 グランプリに選ばれた鍋は、自家製の甘酒を使って焦がしたバターに鰹だし、乳酸発酵させたカブのすり流しを加えたスープが特徴。コクのある味わいを引き出すための斬新なアイデアが評価された。審査員を務めた発酵ライフ推進協会の是友麻希代表は「麹の甘味やコクと乳酸発酵させたカブのすり流しとの優しいマリアージュ。胃も心もホッとする逸品」とコメントを寄せた。結果を受け、同店からは「居酒屋の商品で発酵を直接結び付けた料理は難しかったが、手作りで発酵食品を作ってきた経験が少しずつ実を結んだ。素晴らしい評価をいただけたのも、お客さまのおかげ」と感謝を述べた。

 全国からこだわりの発酵鍋が集結した同グランプリ。2位には鰹だしと徳島の名産品として知られる阿波番茶、発酵豆乳で作った「徳島ミルクティー鍋」(大阪府大東市「SHOTA」)、3位は仙台みそに蔵王の発酵バター、仙台せりなど地元の食材にこだわった「仙臺八宝発酵鍋」(仙台市青葉区「一軒家居酒屋大町へそのを」)が選出された。部門賞としてキムチ鍋を厳選した「いいキムチ(気持ち)賞」やシメの麺に特化した「シメはめんで賞」、腸内環境の改善が期待されそうなメニューを集めた「腸いいね!賞」、糀や甘酒などを使った「発酵美食で賞」の4部門が設けられ、各3品が選ばれた。

 美容や健康面における発酵食品の効果は魅力的だ。みそや納豆などの大豆食品はタンパク質、女性にうれしいイソフラボンが豊富。甘酒は炭水化物や脂質などの分解を助けるビタミンB群、腸内細菌の餌となるオリゴ糖による疲労回復や腸内環境を整える効果が期待される食材だ。これらを効率的に摂取できる発酵鍋の需要は拡大が見込まれる。ぐるなびの調査によると、「発酵」をキーワードに登録するユーザーの検索数がここ2年で約4.5倍に急増するなど関心の高さがうかがえる。まだまだ発酵ブームは続きそうだ。

 ■発酵鍋グランプリ

 pr.gnavi.co.jp/promo/trendnabegp/2019/grandprix

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus