サービス

コロナ検体の郵送厳格化 来月から

 日本郵便は18日、新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で、個人で採取した検体の郵送の取り扱いを2月1日から厳格化すると発表した。ウイルスが不活化する液体を封入することや、医療機関と同水準の三重包装を条件とし、満たしていない場合は荷物の引き受けを拒否する。

 一部の検査事業者は三重包装に必要な容器を検査キットに同梱しないままサービスを提供しており、郵便局員の安全を確保する観点から統一的な基準を示すことにした。

 世界保健機関(WHO)のガイドラインでは、ウイルスなど感染性物質の輸送は三重包装を求めている。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus