サービス

JR東海と近鉄、「振替乗車票」省略へ

 JR東海と近畿日本鉄道は、一方の会社で列車の運転見合わせが発生した際に乗客が他社線に乗り換える「振り替え輸送」で、これまで乗車券類を基に発行していた「振替乗車票」を省略し、乗車券類の提示のみで利用できるようにすると発表した。2月1日以降の振り替え輸送から始める。対象となるのは主に名古屋-鳥羽駅間。従来の方法では乗車票を受け取るための乗客の列で駅構内が混雑することもあり、人が密集する状況を避ける狙いもある。

 JR東海は今後、他の鉄道会社との間でも同様の取り組みができるよう検討を進める。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus