サービス

20年居酒屋倒産、コロナ禍で過去最高 近畿が最多

 帝国データバンクは21日までに、2020年の居酒屋事業者の倒産件数(負債額1千万円以上)が前年比17・4%増の189件になったと発表した。新型コロナウイルスの感染拡大で外出が控えられ、自治体による営業時間の短縮要請や宴会を自粛する動きが広がったことも響き、2年連続で過去最高を更新した。近畿が58件と全体の3割を占め、最多になった。

 地域別に見ると、近畿が15年連続で最も多かったが、件数自体は19年の67件から減少した。関東が57件で続き、19年の31件から大幅に増加した。大企業が多く、在宅勤務が浸透していることが影響したという。

 中部は25件、北陸は15件、九州は14件、中国は8件、北海道は6件、四国は4件、東北は2件だった。

 負債額別では、1千万円以上5千万円未満の小規模倒産が153件と、全体の8割を占めた。帝国データの担当者は「複数店舗を経営するような比較的規模の大きい事業者はこれまで耐えてきていたが、今後はそうした事業者にも倒産が相次ぐ可能性がある」との見方を示した。

Recommend

Ranking

アクセスランキング

Biz Plus