温室効果ガス排出量3年連続減 16年度、一部の原発再稼働

 2016年度の国内の温室効果ガス排出量は、二酸化炭素(CO2)換算で前年度比0.2%減の13億2200万トンとなり、3年連続で減少したとの速報値を環境省が12日、発表した。再生可能エネルギーの拡大や一部の原発の再稼働が要因。

 05年度と比べると4.6%減で、日本が掲げる「20年度までに05年度比3.8%減」との目標を上回った。森林によるCO2吸収分を加えると達成は3年連続。

 16年度は、太陽光や風力による発電量が前年度と比べ1.5倍程度に増加。原発の設備利用率は四国電力伊方原発3号機の再稼働などで上がった。

 一方、強力な温室効果があり、冷蔵庫やエアコンなどの冷媒に使われる代替フロン「ハイドロフルオロカーボン(HFC)」の排出が増加した。機器を廃棄する際、HFCの多くが回収されず大気に出ているという。国内の排出量は、11年の原発事故後、火力発電が増えたことに伴い13年度まで増加したが、14年度に減少に転じた。