金井宣茂さん、宇宙で骨や筋肉弱る仕組みの研究研究開始 NASAが写真公開

国際宇宙ステーションに入室する金井宣茂さん(左)=12月19日(JAXA・NASA提供)
国際宇宙ステーションに入室する金井宣茂さん(左)=12月19日(JAXA・NASA提供)【拡大】

 米航空宇宙局(NASA)は22日、国際宇宙ステーションに滞在中の宇宙飛行士、金井宣茂さん(41)の様子を公開した。宇宙での滞在で、骨や筋肉が弱る仕組みを調べる研究に取りかかったという。

 重力が極めて小さいステーションで過ごすと、血液の細胞を作り出す骨髄に悪影響が出るとされる。金井さんは自分の体に起きる変化を追跡するため、呼気や血液を採取した。

 金井さんは19日に到着、来年6月まで滞在する。