年賀状、一斉に新春の街へ 東京・日本橋で出発式

年賀状配達の出発式で、新春の街に向かう配達員=1日午前、東京・日本橋郵便局
年賀状配達の出発式で、新春の街に向かう配達員=1日午前、東京・日本橋郵便局【拡大】

  • 年賀状配達の出発式で、自転車に乗り新春の街に向かう配達員=1日午前、東京・日本橋郵便局
  • 年賀状配達の出発式で、地元の小学生(左)から年賀状を受け取る野田総務相=1日午前、東京・日本橋郵便局
  • 江戸時代(左手前)や明治時代(同奥)の衣装で、老舗和菓子店に年賀状を届ける配達員=1日午前、東京・日本橋
  • 年賀状配達の出発式であいさつする野田総務相=1日午前、東京・日本橋郵便局

 年賀状配達の出発式が1日朝、近代郵便発祥の地とされる東京・日本橋の日本橋郵便局であり、威勢のよい号令とともに約50人の配達員が一斉に新春の街に飛び出した。

 出発式であいさつした野田聖子総務相は「年賀状だからこそ、込められた思いが相手に届く。年末年始を問わず頑張っている全国の郵便局の方々に感謝する」と述べた。

 式が終わると、明治時代の制服を着た配達員らが近くの老舗和菓子店に年賀状の束を届け、「元日早々ありがとう」とねぎらわれていた。

 日本郵便によると、年賀状はメールや会員制交流サイト(SNS)の普及で年々減っている。元日に全国で配達するのは昨年より6・2%少ない約15億4300万通。