中・東部、雨雪で21人死亡

 北京放送によると、中国の国家減災委員会弁公室はこのほど、今月2日以降の2波にわたる雨雪災害により、8日午前11時(日本時間正午)までに中・東部の8省・直轄市で21人が死亡、237万5000人が被災したと発表した。中・東部では2日以降、連続して2波にわたる広範囲の大雪があり、山西、江蘇、安徽、河南、湖北、湖南、陝西各省と重慶市が低温、雨雪、凍結の災害に見舞われ、一部の作物が被害を受け、水力発電のインフラが比較的深刻なダメージを受けた。一部の地域では道路の積雪、凍結、スリップにより、一部の区間で交通事故や、観光客が足止めされる現象が起きた。(RP=東京)