“脱皮”を阻害しゴキブリ撃退 中部大学が開発、新薬として商品化へ

新しいゴキブリ撃退法のメリットは?
新しいゴキブリ撃退法のメリットは?【拡大】

 中部大学の長谷川浩一准教授らはこのほど、遺伝子に影響を与えて脱皮を阻害し、ゴキブリを駆除する技術を開発した。イヌやネコなどのペットに悪影響を及ぼすことなく、ゴキブリのみを撃退できる新薬として商品化を目指す。

 ゴキブリは約1カ月ごとに脱皮を繰り返して成長する。同研究では、この脱皮に関係する遺伝子に着目。「RNA干渉」と呼ばれる手法を使い、この遺伝子の動きを阻害する物質「相補的RNA」をゴキブリの体内に入れると、脱皮ができずに死んでしまうことが分かった。

 現在成果が出ているのは、注射器による「相補的RNA」の摂取だが、今後は商品化に向けて経口による摂取で成果が出るように研究を進めている。

 長谷川准教授は「“毒餌”でゴキブリを退治する場合、イヌやネコなどのペット、または小さな子どもが誤飲してしまうリスクがある。安全な新薬の開発につなげていきたい」と説明する。

 世界には約4500種類のゴキブリが生息していて、今回の研究では日本で最も多い「クロゴキブリ」を用いた。今後は世界中のさまざまなゴキブリに応用できるように研究を進めるという。

 「今回発見した技術はゴキブリだけではなく、他の虫にも応用できる可能性がある。商品化の話はまだ先だが、世界でこの技術が活用されるように研究を続けていきたい」(同)