山手線で発煙、始発からダイヤ乱れ1万4000人に影響 

 18日午前5時ごろ、JR山手線浜松町-田町間で走行中の外回り始発電車の運転士が線路内で煙が出ているのを確認した。別の運転士がすぐに消し止めたが山手線と京浜東北線が一時運転を見合わせた。

 JR東日本によると、付近では、直前にレールを磨く作業が行われていたという。東京消防庁と警視庁が現場検証を行うなどし、発煙の原因を調べている。

 この発煙で、山手線や京浜東北線には計19本に最大約58分の遅れが出て1万4千人に影響した。