【書評】『大学の学科図鑑』石渡嶺司・著 こきりみき・むらいっち・イラスト


【拡大】

 ■どんな学科か「擬人化」し紹介

 個々の大学案内ではなく、その学科に進んだらどんな内容を学べるかを紹介した。

 該当学科で取得可能な資格の種類や、最も学費が必要とされる大学と安くて済みそうなのはどこか、学生の男女比や卒業後の進路など、受験生とその家族には参考になりそう。特徴的なのがおもな70学科を擬人化したこと。フラメンコを踊る(スペイン語学科)、稲を持つ(農学科)、六法全書を抱える(政治学科)など分かりやすいキャラクターのほか、意味をすぐに理解するのは難しいものも。

 学ぶ領域がまたがり文・理系だけでは区分できない現在の大学を物語る。(1080円、SBクリエイティブ)